よそゆき

私的読書記録
   
<< もえない―Incombustibles | main | 悶絶スパイラル >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2010.03.26 Friday | - | - |


f植物園の巣穴
梨木 香歩
朝日新聞出版
(2009-05-07)

歯が痛くなり、ウェリントン・ブーツがなくなった。
f植物園の隠り江のうろに落ちた私は、そこで
「千代なるもの」を探すことになる。
水の気配の幻想小説。

ラストはやられたー、という感じである。
ははっ、「ん?」と思いながらも、まんまと。
いや、よかったです。

不思議が起こりながらも、納得も与えてくれる。
植物や水の描写は魅力的。
古風な雰囲気も好み。
読み終えた後の開放感もある。
素敵小説です。




| 2010.03.13 Saturday | 小説 | comments(0) |


スポンサーサイト
| 2010.03.26 Friday | - | - |
comment
コメントする