よそゆき

私的読書記録
   
<< 胡蝶の失くし物 僕僕先生 | main | もえない―Incombustibles >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2010.03.26 Friday | - | - |


六月の夜と昼のあわいに
恩田 陸,杉本 秀太郎
朝日新聞出版
(2009-06-19)

この世の中の不思議。
静かで奇妙な10の短編。

「夜を遡る」

今夜あたりグレメが上がってくるから、川に行ってはいかんよ。
だけども川で遊び、思ったよりも早く日が暮れて、
僕と勝気な妹はグレメに遭遇する。

兄の頼もしさを感じる、不思議なふるさとのお話。



「翳りゆく部屋」

彼女たちはやってくる。
不満や愚痴や呪詛を吐き出しては帰っていく。
そうしてあたしのベランダ菜園は育っていく。

少しずつ、積もりに積もった疲れが…って感じ。
私はわりと聞く側にまわっちゃうので、
なんとなく怖かったです;
| 2010.03.13 Saturday | 小説 | comments(0) |


スポンサーサイト
| 2010.03.26 Friday | - | - |
comment
コメントする