よそゆき

私的読書記録
   
<< さらい屋五葉 2 (2) | main | まおとこ >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2010.03.26 Friday | - | - |


図書館革命
有川 浩
メディアワークス
(2007-11)
無遠慮な検閲から本を守って戦う、
それが図書館!!
そんなシリーズの第四弾、完結編です。

なんか、今回はあまーい描写が増えている気がする。
この人たち(堂上と郁)、気持ちを自覚したとたん
恥ずかしいくらいラブコメしだした!
甘酸っぱい!!!

まあそれはそれとして。
今回、図書館、というかメディア全般、
表現の自由、思想信条の自由、その他人権は一大危機に陥るわけですが。
立ち向かえて良かった!
これは戦争、というか銃器まで持ち出しているけれど国内なので
なんだろう、内戦ですよね。戦争です。
国際世論を味方につけようというのは、
国外に恥を晒したくないという感情を捨てれば、
何より有効な手段。でも怖いなー。
実際戦時下では図書館っていろんな制約を受けたりしたみたいだし、
こういうことは現実に起こらないとは限らないわけです。
銃器が持ち出されないまでも、言論統制とか検閲とかね。
憲法があるから大丈夫、とか簡単に安心できない世の中です。
郁みたいに勇敢には出来ないだろうけど、
きちんとアンテナ張って、やってくる危機に鈍感ではありたくないな、
と思いました。
おもしろかったです!!
| 2008.01.15 Tuesday | 小説 | comments(0) |


スポンサーサイト
| 2010.03.26 Friday | - | - |
comment
コメントする